スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船酔いの心配

ダイビングをやってみたいけど、船に乗るのは船酔いが心配・・・
と思っている人もいるかも知れません。

プーケットでは乾季にはビーチからのダイビングも出来ます。
11月頃から4月くらいですが、その年によっては季節がずれ込むこともあるので
1月から3月くらいが落ち着いている時期といえるでしょう。

乾季以外はボートからのダイビングのみになりますが、
船酔いも対策をするかしないかで大きく変わります。

プーケット ダイビングライセンス


まず、なぜ船酔いが起こるのかについて、

これは乗り物全般に言えることですが、
私たちの体は揺れを察知し、バランスをとろうと揺れに逆らうように働きます。
そのバランスの調整がうまく行かないと、そのストレスが原因になって起こります。

揺れの情報源は目で見た情報、内耳にある三半規管からの平衡感覚の情報、
筋肉や関節から伝わってくる情報がありますが、
これらが脳の中でズレがあるとストレスが生じて頭痛や唾液の分泌、
さらに自律神経の副交感神経を刺激することで吐き気を催すといわれています。


なるべく船酔いをしないようにするには、

1 睡眠をよくとり、体調を整える

  前夜からアルコール、脂っこいものは程ほどに。また朝食も程ほどにとっておきましょう。

2 揺れの少ない場所、空気の新鮮な場所に座る

  ボートの排気ガスなどの来ない、心地よく風に当たれる場所がいいですね。

3 読書や細かい作業は避け、遠くを見たりおしゃべりや鼻歌などを楽しむ。

  眠ってしまうのも効果アリ!帰り道,寝ている人に船酔いなし!

4 酔い止めを事前に服用する。

  酔ってからでは遅いです。乗船30分前までに服用するのが理想的です。


プーケット ダイビングライセンス



予防の対策をしたら、後は「今日は船酔いしそうだナ~」なんて思わないで、
「今日は天気も良いし大丈夫」と自己暗示をかけることで
船酔いをしないケースも多いものです。
ダイビングだけではなく、ボートの上でも楽しく過ごせるといいですね!



好きな日からスタート!ダイビングライセンス講習!
スポンサーサイト

ログ付け

ダイビングライセンス講習で海洋実習で海で初めてのダイビングを行ったら、
ログ付け初体験です

ログブックという、ダイビングの日記帳のようなもので、
ダイビングをしたら、日にち、ロケーション、ダイブサイト名、
深度、水温、透明度・・・を記録していきます。
皆さんの初ダイブのロケーションはもちろんプーケットですね!

ダイビングライセンス講習時にはインストラクターと一緒に書いていき、
最後にインストラクターのサインをもらいます。

他にも見た魚の名前や感想を入れていくと見返しても楽しいですね。
バディサインもちろん、一緒に潜った人みんなにサインをもらっている人もいます。
みんなのログブックにサインをするときにちっちゃな魚のシールを一緒に張ったり、
オリジナルでスタンプを持参する人も。

プーケット ダイビングライセンス


思い出としての役目だけではなく、
自分のダイビング経験を証明する役割を果たします。
ダイビングライセンスをランクアップするする際に
ダイビング経験本数が条件になる場合もありますので、
楽しみながら付けていきましょう。

海洋自習

プーケットの美しい海での海洋実習、
ダイビングライセンス講習のクライマックスです。

プーケット ダイビングライセンス


プール講習でマスターしたテクニックを海の中で実践する時です。
実際に海の中でお手並み披露をし、それが終わればお楽しみの水中ツアーです。
インストラクターとともに見渡す限りの美しい風景やかわいい魚たち、
プーケットでのダイビングをめいいっぱい楽しんでください。

プーケット ダイビングライセンス


オープンウォーターダイバーコースでは、
通常4回の海洋実習を2日間に分けて行います。
最初はドキドキするかもしれませんが、
回数を重ねるごとに水中での安定度も増していきます。
ダイビングを楽しみながら、腕を磨いていきましょう。



始めよう!ダイビング

プール講習

学科講習が終わったら次はプールでの講習があります。
プーケットの魚たちに会うまであと一息です。


実際に水中で器材を使って呼吸したり、
その他水中で快適に過ごすためのさまざまなテクニックをここで習います。
水中で呼吸する器材を一度口からはずしてくわえ直したり、
マスクの中に入った水を水中で出したり、いろんなテクニックがありますが、
どれもダイビングを楽しむ上では重要なものです。

うまく出来るか不安な人もいるかと思いますが、
インストラクターが丁寧に指導していきますし、
最初は足のつく浅いところから始めますので落ち着いて練習していきましょう。


プーケット ダイビングライセンス



水中の中で楽に呼吸をしながら泳げるようになるとそれ自体楽しいものです。
プール講習でダイビングを体感してみましょう。


始めよう!ダイビング

ファンダイビング

旅行雑誌等で書かれているファンダイビングとは
どんなダイビングのことを言うのでしょうか。

これはライセンスを取得し、楽しみのためにダイビングをすることを言います。
プーケットを含む多くの場所では
インストラクターやダイブマスターといったダイビングのプロが引率し、
その海の見所や注意点をふまえてガイドをし、
その海の水中生物を紹介してくれたりします。


ファンダイビングにも多彩な楽しみ方があります。
どんな楽しみ方があるのかの代表例です。

○浮遊派・リラックス派

水中での浮遊感は何ともいえない気持ちよさ。
ブルーの海に光が注ぎ白い砂の上には金色の網目模様。
プクプクと水面に上がっていくバブルを眺めているのにも癒されます。

プーケット ダイビングライセンス


○大物派

マンタ、ジンベイザメなどのどーんと大きい海のアイドルや、
バラクーダ、ギンガメアジなどの迫力の群れなどとの出会いは
水中で叫びたくなるほどエキサイティング。
大物狙いのポイントは流れの速いところや深いところも多いので
継続コースをとったり、スキルアップをはかりましょう。

○地形派

海の中には切り立った山や連なった大きな岩など多様な景観を持っていて、
洞穴の中から外を見て、暗がりと青い海のコントラストを楽しんだり、
自然に出来たトンネルやアーチを通り抜けたりというのも楽しいものです。


○カメラ派

水中の美しい風景やかわいい魚などをとってみたい人は多いと思います。
デジタルカメラが水中写真をより簡単に身近にしました。
思い出として、作品として残せるからいいですよね。
水中の中は被写体が無限大。いろんなアングルから狙ってみましょう。

○マクロ派

小指の先程の美しいウミウシや
ちょこんと顔を出しているさまざまな種類のハゼなど
海に中にはちっちゃなアイドルがいっぱい。
レアもの、人気種、初ものを見つけたときは至福のひと時。

プーケット ダイビングライセンス


○リゾート派

ダイビングスタイルと言うわけではないですが、
素敵な南の島でリラックス&ダイビング。
プーケットでダイビングライセンスを検討中なら
すでにもうリゾート派?



ダイビングライセンスを取りたい人はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。