スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェットスーツ

ダイビングは水中での活動になることから、体温の維持のためにウェットスーツが必要です。
ェットスーツは水中での快適度を左右する重要器材になります。

ウェットスーツは、スーツの中に入った水が体温で温められ、
その水がスーツの外との出入りが少ないために、保温能力があります。
ですから、ぶかぶかですと意味がありません。
きつすぎてもいけません。
その名の通り、水が入ってくるのがウェットスーツ。
逆に全く入ってこない低水温で利用する「ドライスーツ」という
ものもあります。

選ぶときは、季節や地域によって、選ぶスーツ
(ウェットスーツやドライスーツ、セミドライスーツ)や生地の厚さ(3mm・5mm)などが変わります。

近年特殊な生地(体温を溜める生地や水の浸入を防ぐ生地、ストレッチ性能の高い生地など)も開発され、選択範囲も飛躍的に増え、より快適になりました。

自分のダイビング・スタイルや活動場所にはどんなスーツが合っているか、インストラクターに相談しましょう。

プーケットでは、年中水温が28度~30度ほどもあるので、
半そで半ズボンのショート3ミリを利用します。
まさにぬるま湯に近い海水温ですので、日本のように重装備は必要ありません。

ダイビングライセンス講習の時には、ほとんどの方がショップのレンタルのものを利用します。
レンタル料金は、ほとんどのショップで講習料金に含まれていますので、安心です。



ダイビングライセンスを取りたい人はこちら
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。