スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイビング指導団体とは

日本国内には、ダイビングのライセンス「Cカード」を発行する民間の指導団体が約40あります
世界中では300団体以上も存在するのですが、
全てを統一する公益団体は存在しません。

世界統一基準の免許証がないので、Cカード取得の料金は安いものから高いものまで、日数もわずか2日で取れるものから10日以上かかるものなど千差万別です。

指導団体の中には、カリキュラムを作成し、世界中でダイビングの指導を行っているグローバルな団体から、日本国内のみの団体までさまざまです。

ダイビングショップやインストラクターは、自分たちが所属したり、インストラクターの資格を受けた、各指導団体の基準や教育システムに沿って講習を行います。

世界的に有名で、それぞれがクロスオーバーなどが出来る
有名な指導団体としては、

・PADI(パディ)
・SSI
・NAUI(ナウイ)
・CMAS

などがあげられますが、どの団体でCカードを取得しても
店やリゾートによっては潜らせてもらえないとう事はありません。


ダイビングライセンスを取りたい人はこちら
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。