スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクーバの歴史

ダイビングで海の中へ潜るには「道具」が必要です。
人間はそもそも陸上で生活する生き物ですので、水中で長い時間を過ごすには、人間の英知の積み重ねが必要でした。

紀元前820年 のアッシリアの兵士が羊の皮袋に入った空気を吸いながら敵を攻める絵が残っています。
また、紀元前320年にはアレキサンダー大王が海中に大きなつりがねを下げて、その中に入って海の中を見たと伝えられています。

近代では、1820年にイギリスのゴーマン・シーベが水上から空気を送って潜るヘルメット式潜水器を発明しました。
日本では1854年(安政元年)にロシア軍艦「ディアナ号」が下田港で津波のために大破したときに、はじめてヘルメット式潜水器が使われたそうです。

第二次世界大戦のとき、潜っていって軍艦に爆薬をしかける目的で、
外に排気をださない閉鎖循環式のスクーバ潜水器が考えだされました。

そして、現代のスクーバの原点ともいえる器材は、
1943年クストーとガニアンが共同で開放式のスクーバ潜水器を発明しました。
「アクアラング」という商品名をとったこの潜水器は、1945年ころに世界的に広まりました


ダイビングライセンスを取りたい人はこちら
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。