スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーケットのダイビングのシーズン

ダイビングをする上で、そのダイビングエリアによって
オンシーズンとオフシーズンがあります。
場所によってはオフシーズンはダイビングショップも
営業していない所もあります。
ではプーケットのシーズンはどのようになっているのでしょうか。

プーケットの気候は大きく分けて2つのシーズン分けられます。

プーケット ダイビング


まずは乾季。11月から4月末くらいまでで、
名前の通り雨の少ない波もない穏やかな時期です。

そして雨期は、5月から10月ごろまでで、
モンスーンが南西から吹き、波の高い日も多いです。

このように言うと、雨期はダイビングに向かないのでは?
と思う人もいるかもしれません。

オープンウォーターランセンス講習でも良く行くラチャヤイ島は、
プーケットの南にダイビングボートで約1時間の所にあります。
東海岸は南西の波風を見事によけることが出来るので、
雨期でも海がクリスタルのように透き通り、
見事なサンゴや沢山の魚たちを見ることができます。

雨もスコールが1時間ほど降ってまた晴れるというパターンが多い上に、
ダイビングは天気に左右されない数少ないスポーツの1つでもあります。
波の高い日にあたったら、船酔いが心配な人は、眠くならない酔い止めを飲んだり、
ダイビング前は深酒をせず、睡眠をよく取り、
ボートの上でも寝てしまうなど、対策を行じれば、以外に回避できるものです。

また、観光客も少ない時期は宿泊費なども乾季に比べやすいので
コストも抑えられます。これも雨期のメリットの1つです。

結論は、プーケットのダイビングは基本的に1年中が潜り時です。
後は乾季であれ雨期であれ、お天気が良くなるかどうかは
運次第です!滞在中はお天気良くなるといいですね!!

今年こそダイバーになる!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。