スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BCDとは?

ダイビングに使う器材の中でも重要なもののひとつがBCDです。
BCDは、ボイヤンシーコントロールデバイスの略、浮力調整具とでも訳せるでしょうか。

プーケット ダイビング


機能としては、その名の通り水中で浮力を調整するために使います。
BCDの中に空気を出し入れすることで、浮力を大きくしたり小さくしたりすることが出来るのです。
もし、ダイバーの体が沈みがちになっているとしたら、BCDの中に空気を吸気して浮力を高め、浮きも沈みもしない状態=中性浮力にすうrことが出来ます。
逆に浮き気味だったら、空気を抜いて浮力を弱めるのです。

たまに勘違いする方がいて、BCDに空気を沢山しれて浮上するといった
考えをするようですが、コレは危険ですので、絶対にしてはいけないことのひとつです。
急浮上をすると、肺の過膨張障害という大変重い症状が出てしまいます。BCDの「入れる」「抜く」ボタンの操作も間違えないようにしましょう。ダイビングライセンスの講習の時にインストラクターが丁寧に教えてくれるはずです。

プーケット ダイビング



BCDは多くの会社から発売されていますが、
人気なのは海外ですと、マレス社、スクーバプロ社、
日本ではツサなのども人気です。



機能には変わりはないので、自分の好みのデザインや色のものを自由に選ぶと良いでしょう。
体にしっかり合ったものを選ぶ必要があるので、必ず試着したいものです。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。