スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害者のダイビング

ダイビングはハンディキャップがあると無理なんじゃない?

いえいえ、世界中でハンディキャップのある方も
ダイビングを楽しまれています。
美しい珊瑚礁やかわいい魚たちの世界への興味は一緒ですよね。
プーケットの美しく暖かい海はみんなのものです。

プーケット ダイビング

水中の中はほぼ無重力状態ですから、
車椅子の方は水中では直立状態でいられたり、手を使って移動することも出来ます。
視覚障害の方もいらっしゃいます。浮遊感やを楽しんだり水中の光を感じたりされています。
聴覚障害の方は手話が使えますから私たちより水中コミュニケーションが上手なくらいです。

ダイビングライセンス取得の際も、スキルなど既定の条件をクリアできれば問題ありません。
心配なことは事前にダイビングショップに問い合わせて見ましょう。
また、事前に体験ダイビングに挑戦してみるものいい方法かも知れませんね。


ダイビングライセンスを取りたい人はこちら
スポンサーサイト

ダイビングは年齢制限はあるの?子供編

プーケットへいらっしゃる方で、
最近は日本の方でも親子でダイビング
楽しまれている方も増えてきました。

C-カードの取得では潜水団体にもよると思いますが、
満10歳以上はエントリーレベルの講習に参加し
認定を受けることが可能です。
子供のダイビングには保護者の同意や、
保護者もしくはダイブリーダーの同伴が必要な他、
11歳までは12m位までの深度制限というのが一般的です。

さらに深度制限があるものの
8歳から体験プログラムが実施されている団体もあります。

ご家族でプーケットへいらっしゃる際には
ご家族で水中散歩なさるのはいかがですか?


ダイビングライセンスを取りたい人はこちら

泳げない人とダイビング

せっかくプーケットへ行くんだけど、泳げないからダイビングは無理?

口で“泳げない”という人は結構多いのですが、
その度合いも人様々です。

例えば、
距離をあまり泳げない。
息継ぎがうまくいかない。
早く泳げない。

スクーバダイビングとは“泳ぐ”と言うより、
器材を安全正確に使って“水中を散歩する”と言った感じです。
水中では、常に呼吸もでき、
フィン(足ヒレ)をゆっくり動かして進みます。
水面でBCDは浮き輪のようになります。
聞いただけでも全然違いますよね。

ライセンス講習のときに泳ぎや立ち泳ぎのテストがありますが、
これは、“水に慣れていて、ダイビング環境でも楽にいられますし、
何かハプニングがあったときにも冷静に対処できます・・・”
という証明のためで、時間は特に制限されていません。
あんまり泳げませんと行っていた人も頑張って証明しています。

プーケット ダイビング

もし、“水が怖い”ので泳げないという場合には、
事前に水に慣れておく必要があると思います。
実際に、顔を水につけられなかった人が、
洗面器の水に顔をつけるところからスタートして、
生涯の趣味としてダイビングを続けられているというケースもあります。
まずは、水中で魚と一緒に珊瑚礁を泳いでいるのを想像してみてください。
そしてそれが現実になるまであと少しです。

ダイビング中のコンタクトの使用

最近は近視の方でコンタクトレンズを使用している方も多いと思います。
ダイビング中もコンタクトレンズが使えるのでしょうか。

現在は便利さからコンタクトレンズを使用して
ダイビングを楽しんでいる方も少なくありません。
プーケットに来るダイバーもコンタクト使用されている方は多いです。
ダイビングの際に使用できるコンタクトレンズは1日で交換するものです。
使い捨てコンタクトでしたらもしなくしても新しいものがあるし、
海水の細菌などによるレンズの汚れの問題もありませんね。

オープンウォーター講習のスキルで、マスクの中に水を入れたり、
マスクをはずすものがありますが、
コース基準で、コンタクトレンズ使用中は
目をつぶって実施することが認められています。
(潜水団体にもよると思いますが)

プーケット ダイビング


めったにあることではないですが、
もし、マスク内に水が入った時などに
水中でコンタクトレンズが外れても
落ち着いて行動できればそう問題ではありません。
なくなっても片方だけということも多いようです。

ですが、水中でコンタクトがずれたり、
流れてしまうことが心配であれば、
水中でのパニックの回避のうえでも度付マスクを使用するべきです。

コンタクトレンズ使用のダイビングは自分自身の判断が必要です。
また、インストラクターも事前に知っておく必要がありますから
もし、コンタクトレンズを使用してダイビングを希望する場合は
事前に相談しましょう。



ダイビングライセンスを取りたい人はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。