スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認定レベルのランクアップは必要?

ダイビングの知識やテクニックを習得し、
ダイビングライセンス取得することは
本当のゴールではないはずです。

その後楽しくダイビングをしていくことが目的であれば、
継続して認定ランクをアップをすることは
メリットの高いことといえるでしょう。

エントリーレベル(オープンウォーターダイバーなど)の認定後から取得できる
アドバンスコースといわれるようなコースを取得することにより、
水中でよりリラックスして楽しめるようになったり、
ディープダイビングやナイトダイビングなどを経験し、
ダイビングの幅を広げられます。

目の前にすばらしいダイブサイトがある時に、
そのダイブサイトを楽しむのに十分なスキルがあれば、
落ち着いてその魅力を満喫できるのでしょう。
それをランクアップしたCカードは証明してくれます。


ダイビングライセンスを取りたい人はこちら
スポンサーサイト

Cカードのランクって何?

Cカードの“C”は“Certification=認定”から来ていることを
すでに知っていれば、
AカードやBカードがないこは想像浮くかと思いますが、
おおむね、どこのダイビング指導団体でも、
習得技術のレベル別でCカードのランク分けがされています。

団体により呼び名も違いますし種類もさまざまですが、

よく使われる名称では、

オープンウォーターダイバー:友達同士で潜ることのできるランク

アドバンスダイバー:深場でのダイビング、夜間のダイビングなど
          多様なな環境を潜ることができるランク

レスキューダイバー:海での人命救助、
            陸での心肺蘇生法の技術を習得したランク


ここからはプロフェッショナルのコースです

ダイブマスター:ゲストを連れて海の中を案内することのできるランク

インストラクター:ノンダイバーを指導してCカードを発行することのできるランク

という流れになっています。
(各ダイビング指導団体によりランク名、与えられた権限が異なる場合があります。)

プーケット ダイビング ライセンス


今はまず潜ってみたい!と思っている方でも
将来はインストラクターとして、
プーケットの海で活躍する方もいることでしょう。


ダイビングライセンスを取りたい人はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。