スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レギュレーター

レギュレーターとは水中で呼吸をするために必要な器材です。

プーケット ダイビングライセンス


タンクの中の圧縮された空気を呼吸するのにちょうどいい圧力に調節してくれる器材で、
非常に重要な器材です。
購入するときはしっかりチェックしてからにしましょう。

レギュレーター選びの際はは呼吸のしやすさが一番のポイントです。
抵抗がなく呼吸できるものはストレスなくダイビングを楽しめるでしょう。

そして信頼性の高いものを選びましょう。
名前のよく知られたメーカーのものを選べば信頼度も高いと言えます。
スクーバプロ(SCUBAPRO)、マレス(mares)、ビーイズム(Bism)、ツサ(TUSA)
などが挙げられます。
また、レギュレーターは定期的にメンテナンスを行わなければいけません。
あまり複雑なものよりもシンプルで一般的なもののほうがいいかもしれません。

プーケットダイビングライセンス講習ではレンタル器材を使用します。
実際に水中で呼吸をしたり、インストラクターに質問したりしてからでも
遅くはないはずです。



今年こそダイバーになる!
スポンサーサイト

フィン

フィンは水中や水面をスムーズに移動する為に必要な器材です。
自分にあったフィンでないと疲れて進みづらくなります。
靴を選ぶときも必ずためし履きをしますよね。
フィンを選ぶときも色々ためしてみましょう。

フィンは大きく分けて2つの形があります。
足へつける部分は形がストラップ式のものとフルフット式があります。
プーケットではレンタルにはフルフット式がよく使われますが、
日本では水温が低いのでブーツ+ストラップ式が主流です。
ビーチからのダイビングで滑りやすい所から入るときや
踏むと痛いサンゴのかけらの上を歩くときにもブーツは必要ですね。

プーケット ダイビングライセンス

材質ではプラスティック、ウレタン、ゴムなどがあり、
形状も先がスクエアー型や丸型、先が2つに分かれているものや
それらの複合したものもあります。一般的には、
脚力に自信のない人にはゴム、ウレタンの柔らかく良くしなるものや
先割れなどが快適でしょう。
脚力のある人はプラスチックの固いものがいいでしょう。


プーケット ダイビングライセンス



同性で同じくらいの体型で同じくらいの体力の人に
使っているフィンの事を聞いてみるのも参考になるでしょう。

日本製のものは色のバリエーションも多く、
マスクやシュノーケルとのコーディネイトを出来るものもあります。


今年こそダイバーになる!

ダイビングの器材選び

ダイビングの器材は、レギュレータやBCDなど重器材と呼ばれるものは、比較的高額ですが、定期的にしっかりメンテナンスを行っていけば、非常に長く使うことができます。

また、フィンやマスクなど、どれも大差ないように見えて実は使い心地に大きな差のある軽器材もあります。

ダイビングの器材は、決して安いものではありませんし、
しっかりと自分に合ったものを選ぶようにしたいものです。
自分に合っていないと、不快であったり、必要以上に疲れたり、最悪の場合は危険なことすらあります。

ダイビングは言うまでもなく、海の中という本来なら人間が生存できない環境のなかで楽しむものですのです。
それを可能にするのがダイビング器材ということですので、
選ぶときの最重要ポイントは「いつでも確実に機能すること」「いつでも確実に操作できること」。

インターネットなどでも簡単に購入できるようにはなりましたが、
実際の物を手にとって、あるいは装着してみたりして、
使い勝手も確かめてみるべきだと思います。



ダイビングライセンスを取りたい人はこちら

ダイビング用のマスク

ダイビングにはマスクが必要です。
ダイバーになってない人は、よくゴーグルと言う方がいますが、
ゴーグルではなく、マスクです。
なぜかというと、水泳などに使うゴーグルは、覆われえているのが目のみです。
ダイビングでは、鼻も覆われたものが必要です。
だからマスクと呼びます。

選ぶポイントは、当然、自分の顔にフィットすることですが、
これがマスク選びの一番重要なポイントです。
顔にフィットせずマスク内に水が入ってくると、不快な思いをしてしまいます。
フィットするかを試す方法としては、
ストラップを使わずにマスクを顔に当て、軽く息を吸ってマスクが落ちなければOKです。

また、海の中は陸上と違って上下左右360度、自由自在に動くことが出来るので、視界が広いのも重要です。
マスクを装着してみて、周りの視界がどの程度遮られるのか、周りが見にくくないか確認してください。視界の広さは、マスクのタイプやスカート部の色などによって大きく違います。

様々なデザインのものがありますので、
気に入ったデザイン・色のものを選ぶのも楽しいものです。
マスクの内容積が小さいとマスククリアが楽だとか、顔へのフィット感の良し悪しだとか言いますが、あまり意識する必要はないでしょう。
自分が気に入ったマスクを選ぶの良いはずです。

近視、乱視の方は、二眼レンズタイプを購入すれば、近視や乱視用のレンズと交換することができます。




ダイビングライセンスを取りたい人はこちら

ウェットスーツ

ダイビングは水中での活動になることから、体温の維持のためにウェットスーツが必要です。
ェットスーツは水中での快適度を左右する重要器材になります。

ウェットスーツは、スーツの中に入った水が体温で温められ、
その水がスーツの外との出入りが少ないために、保温能力があります。
ですから、ぶかぶかですと意味がありません。
きつすぎてもいけません。
その名の通り、水が入ってくるのがウェットスーツ。
逆に全く入ってこない低水温で利用する「ドライスーツ」という
ものもあります。

選ぶときは、季節や地域によって、選ぶスーツ
(ウェットスーツやドライスーツ、セミドライスーツ)や生地の厚さ(3mm・5mm)などが変わります。

近年特殊な生地(体温を溜める生地や水の浸入を防ぐ生地、ストレッチ性能の高い生地など)も開発され、選択範囲も飛躍的に増え、より快適になりました。

自分のダイビング・スタイルや活動場所にはどんなスーツが合っているか、インストラクターに相談しましょう。

プーケットでは、年中水温が28度~30度ほどもあるので、
半そで半ズボンのショート3ミリを利用します。
まさにぬるま湯に近い海水温ですので、日本のように重装備は必要ありません。

ダイビングライセンス講習の時には、ほとんどの方がショップのレンタルのものを利用します。
レンタル料金は、ほとんどのショップで講習料金に含まれていますので、安心です。



ダイビングライセンスを取りたい人はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。